2024.01.302024.01.31

【リプロカップの歴史を振り返ろう】第6回リプロカップ2016の様子を振り返ります

リプロカップ ミニバス情報

今回は2016年に行われた第6回リプロカップ2015の歴史を振り返ります。

この年は順位決定戦及び決勝戦が10/9(日)10/10(祝)の2日間で記念総合体育館にて行われました。

フレンドグループ

男子

フレンドグループ男子は2ブロック8チームで行われた予選リーグで各ブロック1位2位の4チームで決勝リーグ戦が行われました。

決勝リーグに勝ち上がったのは以下のチームです。

・与野八幡

・慈恩寺

・上木ガッツ

・植 竹

総当たりで各チーム3試合ずつ行われましたが、3連勝を飾ったのは上木ガッツでした。3試合すべてダブルスコア以上での勝利と圧倒的な強さを見せての優勝です。

2位は植竹との直接対決に勝利して2勝を挙げた与野八幡が入りました。

 

最終順位は以下のとおりです。

優 勝 上木崎バスケットボールスポーツ少年団 上木ガッツ

準優勝 与野八幡ミニバスケットボールスポーツ少年団

第3位 植竹ミニバスケットボールクラブ

第4位 慈恩寺ミニバスケットボールクラブ

女子

フレンドグループ女子は2ブロック10チームで行われた予選リーグで各ブロック1位2位の4チームで決勝リーグ戦が行われました。

決勝リーグに勝ち上がったのは以下のチームです。

・大谷口

・柏崎ジュニア

・JIONJI GIRLS

・双 葉

こちらも大差で3連勝を飾った大谷口が優勝、双葉との直接対決を制したJIONJI GIRLSが2位となりました。

 

最終順位は以下のとおりです。

優 勝 さいたま大谷口ミニバスケットボールスポーツ少年団

準優勝 JIONJI GIRLSミニバスケットボールクラブ

第3位 双葉ミニバスケットボールクラブ

第4位 柏崎ジュニアスポーツクラブ

スマイルグループ

男子

6ブロック34チームで行われた予選リーグで各ブロック1位2位の計12チームで決勝トーナメント戦が行われました。

決勝トーナメントに進んだのは以下のチームです。

「MX」

・大谷口

・宮 原

・土 呂

・針ヶ谷

「MY」

・大砂土

・田 島

・大宮ブルースカイ

・大宮南

「MZ」

・さいたま辻

・沼 影

・与野西北

・文 蔵

僅差の試合もありながら4連勝で優勝を飾ったのは大谷口でした。

前年は6位以内の入賞に至らなかった大谷口ですが、一気に大躍進の優勝となりました。

2位には影沼、3位に田島という結果となりました。

 

最終結果は以下のとおりです。

優 勝 さいたま大谷口ミニバスケットボールスポーツ少年団

準優勝 沼影ミニバスケットボールクラブ

第3位 大砂土ミニバスケットボールクラブ

第4位 針ヶ谷ミニバスケットボール少年団(男子)

第5位 大宮ブルースカイミニバスクラブ

第6位 文蔵ミニバスケットボールスポーツ少年団

女子

8ブロック44チームで行われた予選リーグで各ブロック1位2位の計16チームで決勝トーナメント戦が行われました。

決勝トーナメントに進んだのは以下のチームです。

「WW」

・木 崎

・尾間木

・上木崎

・大砂土

「WX」

・大宮中川

・沼 影

・仲 本

・南浦和ラビット

「WY」

・春 野

・与野西北

・大久保東

・大宮ブルースカイ

「WZ」

・中 尾

・別所チェリーズ

・仲 町

・与野・上落合

スマイルグループ女子では圧倒的な強さを見せて大宮中川が優勝。男子に続いてこちらも前年度に8位入賞が叶わなかったチームの優勝となっております。

決勝で大宮中川に敗れた仲町が2位に、春野との3位決定戦を制した木崎が3位に入っています。

最終結果は以下のとおりです。

優 勝 大宮中川ミニバスケットボール

準優勝 仲町ミニバスケットボールスポーツ少年団

第3位 木崎ミニバスケットボールクラブスポーツ少年団

第4位 春野ミニバスケットボールスポーツ少年団

第5位 大久保東ミニバスケットボールスポーツ少年団

第6位 南浦和ミニバスケットボールスポーツ少年団ラビット

次回は2017年のリプロカップを振り返ります。

この記事を書いた人リプロマヴィ編集部LiproMAVIE Editorial Department

リプロマヴィ編集部です。
ミニバス関連の記事やグルメ情報などをお届けします。
SNS:
Instagram
Twitter

関連記事

ピックアップ