Lipro MAVIE マヴィ

さいたま市のお得で楽しい「リプロメンバーズ倶楽部」の情報誌
スマートフォンサイト版

今年は第9回大会
「リプロカップ2019」が閉幕

今年で第9回目を迎えた「リプロカップ2019〜第17回さいたま市ミニバスケットボール秋季大会〜」の決勝戦が10月13日(日)・10月14日(月・祝)にサイデン化学アリーナ(さいたま市記念総合体育館)、浦和駒場体育館で行われ閉幕した。
今年はさいたま市内の男子44チーム・女子54チームが参加、男子・女子それぞれがスマイルグループとフレンドグループに分かれて9月1日(日)にはじまった予選から熱戦が繰り広げられた。
フレンドグループ(育成・交流を目的としたチーム同士の対戦)男子の決勝戦は、浦和南ミニバスケットボールスポーツ少年団と植竹ミニバスケットボールクラブの対戦となり、浦和南が優勝。
女子は片柳ビクトリーバスケットボールスポーツ少年団と慈恩寺GIRLSミニバスケットボールクラブが対戦し、片柳ビクトリーが優勝した。
 スマイルグループ(埼玉県大会への出場枠をかけて、市内上位・中位を目指し、より強くなりたいチーム同士の対戦)は、男子の部38チーム・女子44チームが参加し、9月1日(日)から予選がスタートした。
10月13日(日)・14日(月・祝)に男女の順位決定戦が行われ、男子の決勝リーグは予選を勝ち抜いた、片柳ビクトリーバスケットボールスポーツ少年団、大砂土ミニバスケットボールクラブ、沼影ミニバスケットボールクラブ、の3チーム総あたりのリーグ戦で行われた。
 熱戦を征したのは沼影ミニバスケットボールクラブ。準優勝は大砂土ミニバスケットボールクラブ、第3位に片柳ビクトリーバスケットボールスポーツ少年団という結果になった。
 一方、女子の決勝は大宮中川ミニバスケットボールと与野西北ミニバスケットボールスポーツ少年団。
 予選から全勝を貫き、大宮中川ミニバスケットボールがリプロカップ2連覇を達成した。
 この熱戦の模様は、10月26日(土)19時より60分、テレビ埼玉(テレ玉)で放送された(企画・制作・提供:リプログループ)。決勝に参加した全チームの紹介やチーム一丸となって勝利を目指す選手達の熱気溢れる試合の模様など充実の内容となった。
 残念ながら番組を見逃した・・・という方にも朗報。「Lipro MAVIEモバイルサイト」の「メール会員登録はこちらから」でメール会員ご登録の上、下記の通りメールにてご連絡を。返信をお楽しみにお待ちください!

↑タップするとメーラーが立ち上がります

リプロカップ第9回
スマイルグループ男女予選組み合わせ表及び結果

リプロカップ第9回
フレンドグループ男女予選組み合わせ表及び結果

リプロカップ第9回
スマイルグループ男女決勝戦及び結果

リプロカップ第9回
フレンドグループ男女決勝戦及び結果

第95回天皇杯・第86回皇后杯
全日本バスケットボール選手権大会

【優勝をかけたファイナルラウンドはさいたまスーパーアリーナで開催!】
2020年1月9日から12日までの4日間、さいたまスーパーアリーナで全日本バスケットボール選手権のファイナルラウンドが開催される。
1次ラウンドと2次ラウンドから勝ち上がった男女の各8チームが優勝を目指して激突。昨年度の優勝チームは、男子が千葉ジェッツ、女子がJX-ENEOSサンフラワーズ。
今年はどのチームが優勝するのか目が離せない。さいたまブロンコスが勝ち上がれるかも注目だ。
観戦チケットは、WEB販売のローソンチケットかチケットぴあ、店頭販売のローソンやセブンイレブンなどの店頭で購入できる。